精進落としの方法

精進落としの方法

火葬場からご遺骨をお迎えする「還骨勤行」という儀式が終了したら、「精進落とし」という宴を執り行います。 昔、不幸のあった家では死後四十九日までを忌中とし、その期間中は肉や魚などの生物を口にせず、精進料理で過ごすしきたりがありました。四十九日が過ぎ、忌明けとなると初めて肉や魚を使った通常の食事に戻っていたのです。これを「精進落とし」と呼んでいました。しかし現代生活では、四十九日間も肉や魚を遠ざけるのは難しいでしょう。その上、お通夜の振る舞いでもお寿司や肉類を出すことが多くなっています。

こうして考えてみますと、現在の精進落としは、関係者が火葬場から戻り還骨勤行を清ませ、葬儀がすべて終了した時点で行っていますので、本来の意味とは異なっています。現在の精進落としは、ご僧侶をはじめ葬儀でお世話になった方たちへの感謝の気持ちでおもてなしをするものです。そのため、会食の席は喪家側が設けるのです。ですので、精進落としの意味合いが昔と違っている以上、お肉やお魚を食べないということにこだわる必要もないでしょう。それは、通夜振る舞いの席であっても精進料理にこだわらないという点では同じです。

現代生活に合っている精進落としとは、供養と葬儀の当日、ご僧侶や世話役などの労をねぎらうという意味合いの席として設けましょう。ですので、精進落としの席では世話役に余計な手間や面倒をかけないように配慮することが大切です。そのため、お料理は仕出し屋などを利用する方が多いようです。

精進落としでの席順は、ご僧侶が最上座になります。次に友人⇒近親者と続きます。喪主やご遺族は、おもてなしをする立場なので末席に座ります。ご僧侶には、精進落としに同席していただけるか、あらかじめ聞いておいた方がいいでしょう。ご出席できない場合は、葬儀が終わった時点で、御車代と御膳料を「御布施」として渡します。 また、精進落としの席では親族が揃っていますので、法要や納骨の日時や場所、通知範囲や香典返しなどについての打ち合わせをしておいた方がいいでしょう。

■ 横浜、川崎の葬儀
   

 

Calendar