お別れ会とは

お別れ会とは

最近は、お葬式を直葬や家族葬など、限られた少人数で執り行うスタイルが増えています。そのため、お葬式に呼ばなかった友人・知人に対しては、死亡通知状を送ることで一区切りとします。ただし、故人がお世話になった方や親しくしていただいた方への感謝の気持ちを込めて、後日あらためてこうした方々を招待するご遺族も増えています。こうした会は、通常の告別式に代わる「お別れの会」という新しい葬儀スタイルです。

では、お別れの会について少し詳しくみていきましょう。まず、お別れ会を主宰するのはご遺族の方となります。また、故人のご友人が主宰者となり、有志の方々が集まりお別れの会を行うケースもあります。この場合、逆にご遺族をご招待する形となります。 お別れの会を行う日取りは、亡くなってから四十九日などの納骨の前に行われるのが一般的です。それ以降に同じような形での会を執り行う場合には「お別れ会」という名称ではなく、「○○を偲ぶ会」という言い方をします。 お別れの会や偲ぶ会を行う場所などには、特にこれといった決まりや制限はありません。よく行われるのがホテルやレストランなどを借りて開催する場合です。ただし、こうした場では、遺骨(骨壷)の持ち込みや読経や焼香などの宗教的な儀式は断られる可能性が高くなります。ですので、こうした会場を利用する場合には、必ず事前に確認しておく必要があります。

お別れの会では飲食はつきもので、会食形式が一般的です。人数がそれほど多くなければテーブル席でもかまいませんし、多くなる場合は立食形式でもいいでしょう。ただし、ご出席者にご年配の方が多い場合には、椅子などを用意しておく必要があります。 食事をしながら故人の思い出を語り、友人代表数名と遺族代表者がスピーチを行います。もしも盛大に開催したいということであれば、故人の略歴を紹介したビデオの上映をしたり、思い出の品を展示したメモリアルコーナーを設置したり、故人の好きだった歌の斉唱などの企画を考えましょう。

■ 横浜、川崎の葬儀
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar