骨上げ

骨上げ

「骨上げ」とは、火葬が済んだ故人のお骨を骨壷に収める儀式のことです。地方によっては「骨拾い」「灰寄せ」などとも呼んでいます。 火葬が終わると火葬場の係員がその旨をアナウンスしますので、全員再び炉の前に集まります。炉の中から故人の骨と骨灰が引き出されますので、全員で竹の箸を拾いお骨を拾い上げ骨壷に収めます。この時、2人1組になり2つのお箸でひとつのお骨を拾い上げて壷に収めます。箸を使用するのは、三途の川の「箸渡し」をするという意味が込められています。

お骨は、故人が生前と同様の姿で収まるためという意味で、足の方から頭の方へと順番に拾い上げ、壷に収めていきます。順番を譲り合って式の進行を妨げないよう、スムーズに行いましょう。ただし、喉仏の骨は故人と特に関係の深かった方が拾ってあげるようにし、通常は喪主が故人の喉仏のお骨を拾い上げます。

お骨をすべて壷に収め終わると、火葬場の係の方が白木の箱に入れ白い布で包んでくれます。この時に埋葬許可証も一緒に手渡されます。埋葬許可証は、火葬場の係りの方が火埋葬許可証に裏書きしたものですので、受け取りましたら念のために内容を確認しておきましょう。また、埋葬許可証は埋葬のときだけでなく、お墓の移転などのときにも必要となる大切な書類ですので、紛失しないよう骨箱に入れて持ち帰るようにして下さい。

こうして骨上げ式が終わり解散となります。ご自宅に戻ったら、「後飾り」といって改めて白布をかけた小机の上に、「遺影」「花」「線香」などを飾ります。中央には、ご遺骨と位牌を安置します。 後飾りができましたら、ご僧侶様による「還骨勧行」という読経をし、喪主を始め全員でご焼香し葬儀の終了となります。

最近ではこの時に初七日の法要も一緒に行う方がほとんどです。この後改めて全員で精進落しを行います。ご僧侶様に最上座に座っていただき、世話人⇒いろいろな係りの方⇒故人の親しい友人の順で座ります。この席では、喪主とご遺族は労をねぎらう立場となりますので末座に座ります。喪主もしくは親族代表の方がお礼を述べ宴が始まります。宴が始まりましたら、ご遺族の方はご会葬いただいた方、おひとりおひとりに酌などをしながらお礼を述べて回ります。1時間ほどを目安にお開きとします。

最後にご僧侶様がお帰りの際、奉書紙か半紙に包み「御布施」と表書きをし、読経料と戒名料を手渡します。

葬儀地域別情報・神奈川県(他市・町)
葬儀 相模原市 葬儀 鎌倉市 葬儀 逗子市 葬儀 三浦市 葬儀 葉山町
葬儀 厚木市 葬儀 大和市 葬儀 海老名市 葬儀 座間市 葬儀 綾瀬市
葬儀 愛川町 葬儀 清川村 葬儀 平塚市 葬儀 茅ヶ崎市 葬儀 秦野市
葬儀 伊勢原市 葬儀 寒川町 葬儀 大磯町 葬儀 二宮町 葬儀 南足柄市
葬儀 中井町 葬儀 大井町 葬儀 松田町 葬儀 山北町 葬儀 開成町
葬儀 小田原市 葬儀 箱根町 葬儀 真鶴町 葬儀 湯河原町 葬儀 城山町
葬儀 藤野町

 

 

Calendar