ご臨終から火葬まで

ご臨終から火葬まで

ご臨終から納棺⇒出棺⇒火葬までを分かりやすくまとめておきますので、ご参考にして下さい。

●臨終から納棺まで
故人が息を引き取りましたら、まずは葬儀社に連絡をします。病院でなくなられた場合には、医師が側についていて御臨終を伝えてくれます。しかし、ご自宅などで亡くなられた場合、すぐにかかりつけの医師にお願いして死亡を確認してもらいます。確認が終わりましたら葬儀の準備をはじめます。最近は核家族化が進んでいるため、葬儀の手順など不慣れな方のほうが多いものです。ですので、まずは葬儀社に連絡を取り、来てもらった方がいいでしょう。ただし、お身内の方や故人と親しかった方たちへの連絡などはご自身で行わなければなりません。特に亡くなった方がまだ会社員として現役の場合、すぐに会社に連絡をし協力をお願いするといったことも必要です。ご近所であれば町内会の世話役など、伝達役を頼めるような方がいれば頼んでしまうのもいいでしょう。

納棺の際には、亡くなった方の身体を清める「湯灌」を行います。病院で亡くなった場合、ほとんどの病院側が湯灌を行ってくれます。なお、病院で亡くなった場合は、なるべくこの時点で精算しておいて下さい。

●最後のお別れ
告別式が終わると祭壇から棺が運び出されます。ご遺族やご会葬者の方々との最後のご対面となります。葬儀社の方たちが、祭壇に飾られていた生花を持ってきますので、お花を遺体の周りに飾ります。この時、故人が愛用していた洋服や家族旅行の写真、好物などを少量、一緒に棺に入れてあげます。ただし、金属類など燃えにくい物は避けた方がいいでしょう。

●釘打ち⇒出棺
最後のお別れをしたら、「釘打ち」といって、棺のふたを釘で止める儀式に移ります。すでに葬儀社の方たちが半分ほど釘を打ち込んでいます。ですので、ご遺族の方は残りの部分を軽く石で2回ずつ叩きます。地方によっては、石ではなく金槌を使う場合もあります。ひと通り参列者が釘打ちをしましたら、あとは葬儀社の人が釘を完全に打ち、仕上げをしていよいよ出棺です。

●火葬⇒精進落し
釘打ちが終わりましたら、いよいよ火葬場に向かうための出棺となります。このとき、火葬場まで行かれる方と残る方とに分かれます。通常、火葬場へは近親者だけとなります。火葬後は再び戻り精進落しから、葬儀・告別式の終了の読経があってこの日は解散です。

葬儀地域別情報・神奈川県(横浜市)
葬儀 鶴見区 葬儀 神奈川区 葬儀 西区 葬儀 中区 葬儀 南区
葬儀 港南区 葬儀 保土ヶ谷区 葬儀 旭区 葬儀 磯子区 葬儀 金沢区
葬儀 港北区 葬儀 緑区 葬儀 青葉区 葬儀 都筑区 葬儀 栄区
葬儀 泉区 葬儀 瀬谷区 葬儀 戸塚区
葬儀地域別情報・神奈川県(川崎市)
葬儀 川崎区 葬儀 幸区 葬儀 中原区 葬儀 高津区  葬儀 宮前区
葬儀 多摩区 葬儀 麻生区

 

Calendar