日常の供養と作法・しきたり

日常の供養と作法・しきたり

ご家族の方が亡くなった場合、毎日の供養が必要となります。そこで、仏壇やお供え物といった日常の供養の仕方と作法・しきたりについてまとめておきます。

●ローソクのあげ方・消し方
供養の基本は、ローソクとお線香になりますが、なぜ仏前にローソクを灯すのでしょうか?それには2つの説があります。1つの説は、ローソクの明るさが仏の智慧を象徴しているから。もう1つの説は、ローソクがロウを溶かしながら火をともす光景が人生の無常を表しているからと言われています。 ローソクやお線香の火をともす時には、マッチか仏壇専用の火つけを使います。ライターは危険なので使用しないようにしましょう。火を消す時は、決して吹いたりして消さないこと。なぜなら、生臭い息を吹きかけて消すということは、神聖な仏壇の前で無作法となるからです。ローソクの火は手であおいで消します。

●お線香のあげ方
お線香に火を付けるときは、ローソクに火をともした後にします。お線香の数は焼香の場合と同じように、天台宗や真書宗は、仏・法・僧に捧げるという意味で焼香は3回行いますのでお線香も3本になります。ただし、浄土真宗の場合は、お線香を折って横に置くのがしきたりになっています。

●お数珠の持ち方
宗派によってお数珠の持ち方も異なります。両手を合わせ房が下に来るように、指と指の問にかけるのが基本です。両腕はきちんと両わきにつけ、両手をあまり前方に出さないようにして下さい。

●供花のマナー
仏壇に花を添える理由は、仏の世界を美しい色や形の花でさらに高めようとする意図があります。ですので、新鮮な切り立ての花を備えましょう。もちろん、こまめに水を変え、花を長く美しい状態に保つよう心がけて下さい。大型仏壇の場合は、供花や灯明の合が二段になっている「上卓」がありますので、上の花立てには青い葉のしきみなどを立て、下の花立てには色のある花を立てるようにします。また、両側に五具足の時の花立てがある場合は、左右、花のしつらえを同じにします。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar