戒名の付け方

戒名の付け方

戒名は、一般的にいえばあの世での名前となります。この世での名前が「俗名」、あの世の名前での「戒名」です。 しかし、宗派によっては「戒名」ではなく「法名」、「法号」などさまざまな呼び方をしています。たとえば、浄土真宗が「法名」、日蓮宗が「法号」となり、その他の宗派では「戒名」となります。

もともと戒名とは、本来は仏門に入った証であり、修行僧に与えてもらう名前でした。戒名があの世の名前とはいえ、厳しい修行を耐え、戒律を守り仏弟子となった証として頂くものだったのです。では、もう少し詳しく戒名の付け方についてご説明しておきましょう。 仏の世界は平等ですから、戒名はどんな人間でも2文字と決まっています。ところが実際には平等ではないのが今日の戒名の付け方です。本来、仏の世界は平等であり位に上下はありません。その証拠に、戒名の文字数は2文字と決まってはいるものの、そこへ「戒名」とは別に「院号」「道号」「位号」などを加え、結果として位が変わってしまうわけです。

たとえば、現在、戒名と呼ばれるものは以下のように付けられています。

■○○院殿、○○○○大居士(女性ならば大姉)と呼ばれるものは、昔は大名とか領主に限られた戒名。

■○○院、○○○○居士(女性は大姉)は、奉行とか上役の武士につけられた戒名。

■○○○○童子(童女)は、子供につけられる戒名。

■○○孩子(孩女)は、赤ちゃんにつけられる戒名。

寺院や宗派・社会的に大きな貢献をした人、具体的にはお寺を建立した人などにつけられるのが「院号」となります。 戒名の下につけられる文字は「位号」と呼ばれ、位などによって異なるものではなく、性別や年齢によって付けられるものです。

つまり、今日付けられる戒名は、本来の修行僧に与えられるものではなく、社会に貢献した功績やその方の生涯にふさわしい文字で授けられるのが一般的となっています。ただし、日蓮宗の法号には、男子は「日」、女子は「妙」の一字がおくられますし、浄土真宗の法名には男子に「釈」女子には「釈尼」がおくられています。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar