仏壇と位牌

仏壇と位牌

位牌を安置する仏壇がない場合、新しく仏壇を買い求めることになりますが、新しい仏壇は必ず開眼供養をします。開眼供養とは、新しい仏壇を寺院へ持って行き「仏の心」を入れてもらう儀式のことです。この供養をしなければ、せっかく仏壇を購入しても意味がありませんので、仏壇を購入したら開眼供養を必ずして下さい。

こうした供養をすませたら、いよいよ仏壇に位牌を飾ります。ところで、位牌を仏壇に安置するというのはいつ頃からはじまったのでしょう。歴史をしもといてみると、時代は古代中国となります。木板に死者の姓名や社会的な地位などを記し、その霊魂を祭っていました。この風習が日本に伝わって生まれたものが位牌です。 葬儀のときは、とりあえず白木づくりの位牌を使い“野辺おくり”を行います。そして、このあと四十九日までに、塗りの本位牌をつくります。この本位牌は、故人の戒名を記して仏壇に飾ります。主な宗派と仏壇・仏具の飾り方については以下の通りです。

【華厳宗について】
●本尊・・・釈迦如来
●経典・・・華厳経が中心
●宗祖・・・堅首大師
●総本山・・・東大寺

【法相宗について】
●本尊・・・釈迦牟尼如来、薬師如来
●経典・・・般若経、華厳経
●宗祖・・・道昭
●総本山・・・奈良興福寺、薬師寺

【律宗について】
●本尊・・・廬舎那仏
●経典・・・大日経
●宗祖・・・過海大師鑑真
●総本山・・・唐招提寺

【天台宗について】
●本尊・・・釈迦牟尼仏
●経典・・・法華経
●宗祖・・・伝教大師最澄
●総本山・・・比叡山延暦寺

【真言宗について】
●本尊・・・大日如来
●経典・・・大日経、金剛頂経、般若心経など
●宗祖・・・弘法大師空海
●総本山・・・高野山金剛峰寺

【融通念仏宗について】
●本尊・・・阿弥陀如来
●経典・・・大方広仏華厳経
●宗祖・・聖応大師良忍
●総本山・・・平野大念仏寺

【浄土宗について】
●本尊・・・阿弥陀仏
●経典・・・無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経
●宗祖・・・和順大師法然
●総本山・・・京都知恩院 となります。

 
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar